上
ブラジル カンポ・アレグレ農園
コロンビア エル・ミラドール農園
コスタリカ・サラカ農園
ニカラグア エンバシー農園
グアテマラ エルインフェルト・ウノ農園
インドネシア アルールバタ地区
インドネシア マンデリン・トバコ
インドネシア マンデリン・トバコ
ブラジル
空白


農園主のミゲル氏は兄弟のルイス氏とともに
コーヒー農園をスタートしました。
ルイス氏はバイーア州ピアタというコーヒー産地では、
パイオニアとして有名な人物。
土壌的に非常に優秀なこの土地を1983年に手にし、
現在にいたります。

土壌だけでなく、高い標高も素晴らしいコーヒーを
栽培するための大きな要因であり、
ピアタはかけがえのない大切な場所となっています。
収穫の時は大変でもすべて手作業で行い、
成熟した果実のみ摘み取ります。


農園:カンポ・アレグレ農園
農園主:ミゲル・ビァーニャ・ハビエール
エリア:バイーア州 ピアタ ディアマンティーナ
年間降雨量:1100mm
収穫期:7〜8月
品種:カツアイ144
標高:1,318m
精製:パルプドナチュラル

  下