上
ブラジル カンポ・アレグレ農園
コロンビア エル・ミラドール農園
コスタリカ・サラカ農園
ニカラグア エンバシー農園
グアテマラ エルインフェルト・ウノ農園
インドネシア アルールバタ地区
インドネシア マンデリン・トバコ
インドネシア マンデリン・トバコ
エチオピア
空白


エルミラドール農園では栽培品種、栽培、収穫、生産処理、乾燥など
あらゆる工程で品質向上の取り組みを行っています。

栽培品種である「カスティージョ」は他の品種に比べて
色の割に糖度が低い特徴があります。
そのため、糖度計による糖度と果実の色の検証を行い
適正な収穫時期の果実の色を決定しています。

ダブルファーメンテーションとは、
収穫した果実をしばらく放置して自然発酵させた後、
外皮と果肉を取り除き発酵処理を行う精製方法。

シロップのような質感とラズベリーを思わせる
甘酸っぱい風味が楽しめます。

農園:エル・ミラドール
農園主:エリクン・フェルニィ・グズマン
    ファニィ・バルガス
エリア:ウィラ
標高:1,680m
栽培品種:カスティージョ
プロセス:ダブルファーメンテイション

  下