上
ブラジル カンポ・アレグレ農園
コロンビア エル・ミラドール農園
コスタリカ・サラカ農園
ニカラグア エンバシー農園
グアテマラ エルインフェルト・ウノ農園
インドネシア アルールバタ地区
インドネシア マンデリン・トバコ
インドネシア マンデリン・トバコ
コスタリカ
空白


コスタリカの代表的な産地であるウエストバレーに位置するサラカ農園。
太平洋と大西洋の気候がぶつかる変化に富んだ環境が、
コーヒーをより甘く豊かなフレーバーに成長させます。

このコーヒーを製造する「レッドハニー」というプロセスは、
果肉を取り除く際にミューシレージと呼ばれる糖度の高い部分を残す方法で、
リンゴのような風味とシロップのようなしっとりとした質感、長い余韻が特徴。

もと料理人である農場主ルイスさんの味や香りへのこだわりが現れています。

農場主/ルイス・サラサール
エリア/ウエストバレー
標 高/1,850m
栽培品種/カトゥーラ、ビジャロボス
プロセス/レッドハニー

  下