上
ブラジル カンポ・アレグレ農園
コロンビア エル・ミラドール農園
コスタリカ・サラカ農園
ニカラグア エンバシー農園
グアテマラ エルインフェルト・ウノ農園
インドネシア アルールバタ地区
インドネシア マンデリン・トバコ
インドネシア マンデリン・トバコ
エチオピア
空白


インドネシア・スマトラ島、北スマトラ州に位置するTOBA(トバ)湖は、
約1000年前のトバ山噴火によりできた世界最大のカルデラ湖。
トバ湖の周囲一帯は標高900m〜1800mの高原地帯で、
火山性の肥沃な土壌に恵まれており、コーヒー栽培にとても適した土地です。
また、湖から発生する霧や乾季でも時おり降雨がある気候のため、
年間降雨量が2500〜3000mmとやや多いことも
独特のフレイバーを生む要因となっています。

もともとインドネシアにコーヒー栽培がもたらされたのは17世紀末。
20世紀初頭に起きたサビ病の大流行で、
多くの地域でアラビカ種の栽培ができなくなった時、
わずかに生き残ったのがこのトバ湖南岸のリントン地区でした。

なかでもマンデリン・トバコはアラビカ種の原種に近い「ティピカ種」が
今なお残る希少な産地です。草原のような深いコクと甘い香りが
マンデリンらしい味わいを感じさせてくれます。

エリア/スマトラ島リントン地区
農園の標高/1,400〜1,500m
栽培品種/ティピカ
プロセス/スマトラ式(セミ・ウォッシュド)

  下